家庭教師も大変!苦労することあるある3選

家庭教師をやると教え子のやる気アップで苦労する

大学生の場合、家庭教師のバイトをやっている人も多いと思います。家庭教師のバイトは時給が高い等メリットもありますが、苦労することも多いでしょう。苦労することあるあるの一つ目は、教え子のやる気をいかにださせるかでしょう。一人でもしっかり勉強する子供の場合は家庭教師を頼まないケースが多いです。その分、家庭教師を必要としている子供は、モチベーションに課題があるケースが多いかもしれません。その子供に合ったやる気の出させ方を考えるのに苦労するでしょう。

家庭教師をやると予習時間の確保に苦労する

家庭教師をやってみると感じる苦労のあるある二つ目は、予習にかなり時間がとられることかもしれません。自分で勉強する場合は、勉強の進め方を考えることに時間がとられることはあまりないでしょう。しかし、人に教えるとなると話は変わってきます。教える部分の知識をしっかり理解することはもちろん、どのように教えたら効果的かを事前にしっかり予習しておく必要があるでしょう。結果として、予習にかなり時間を取られることになるはずです。

家庭教師をやると教え子の成績で苦労する

家庭教師をやった場合に苦労するあるある三つ目は、教え子の成績が気になることかもしれません。もちろん、勉強はあくまで本人の努力が大切であることは言うまでもないでしょう。しかし、家庭教師として雇われている身としては、その教え子の成績が伸びることが、自分のバイトの成果だといえるかもしれません。そのため、教え子の成績の上下に、親と同様、一喜一憂することになるでしょう。ただ、それが家庭教師のバイトのモチベーションにもなっていくはずです。

家庭教師のバイトのメリットは、一度コツをつかめば何事にも対応できるということです。教え方がうまくなりますので、次のバイトでもうまくいくことでしょう。